Paste your Google Webmaster Tools verification code here
browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

船内の食事


 

食べること大好き!な私が日々楽しみにしていたのが船内の食事。

一昔前のピースボートの食事は、苦情が出るレベルでマズかったらしいと聞いたが、現在のクルーズはそんなことはない。豪華な食事に慣れ親しんでるセレブの口に合うかは分からないが、庶民の私はフツーに美味しく感じた。

 

料理を作るクルーは外人だが、料理長は日本人なので、船内ではキホン日本食を食べる。イメージは、一般の家庭料理的な。1か月に1回ほどあるフォーマルディナーの日はリッチなディナーが食べられる。

 

【参考画像】

~フォーマルディナーの食事例~

メニューはコチラ↓

フォーマルディナー02

 

 

 

 

 

 

 

メインディッシュ↓

フォーマルディナー03

 

 

 

 

 

 

 

~とある日の昼食~

この日は洋上運動会だったので、勝負に勝つ!カツカレー!笑 ↓

昼食

 

 

 

 

 

 

 

~とある日の夕食~

おいしそうな和食です♪ ↓

夕食

 

 

 

 

 

 

 

船内で誕生日を迎えた子にはバースデーケーキが♪(※無料、事前に要予約) ↓

バースデーケーキ

 

 

 

 

 

 

 

オーシャンドリーム号の場合、レストランは4Fと9Fの2つ。それぞれのレストランでメニューが異なり、自分が好きな方を選択できる。ただし、昼食は4F・9Fともメニューが同じ。

※詳しいメニュー内容や時間帯はこのページの最後に記載してあります※

 

過去乗船者たちを見ていると、出港前よりも太って帰国する人が多い。例外なく私もそのうちの1人である(泣)。理由は人によっていろいろあると思うが、一番は「食生活」が大きい。

 

その理由は主に4つ。

【1】食事形式が「ビュッフェスタイル」

ピースボートの食事は、夕食(4F)を除き、すべてビュッフェスタイルである。要は、自分のほしいものを、ほしい分だけお皿によそう。なので、ついつい取り過ぎてしまうのだ。

 

【2】4Fと9Fのレストランでメニューが違う

一日の食事のメニューは、毎朝レストラン入口前に貼りだされる。朝ごはんを食べるついでにそのメニューを見て、「今日の夕食は4Fと9Fどっちで食べようかな~」なんて考える。しかし、4Fと9F、どっちのメニューも捨てがたい…なら、両方食べちゃえ!→結果、レストランをハシゴ(笑) (※夕食は1回まで、という決まりはない)

ハシゴするのは夕食だけではない。朝食も4F(和食)と9F(洋食)でメニューが違うので、時間があるとよくハシゴしていた。まず4Fで和食を食べ、デザート代わりに9Fでホットケーキを食べる、みたいな。

 

【3】間食と夜食

お腹がすいたなーと思ったら、寄港地で買ったお菓子を食べたり、朝食の際におやつ用に持って帰ったパンを食べてみたり…(笑) 飲み会のとき、なみへい(居酒屋の名)でシメとしてお茶漬けやラーメンを食べたり…(笑)←これは有料

わたしのおすすめ「お茶漬け」と「なみへいうどん」笑 ↓

なみへいうどんとお茶漬け

 

 

 

 

 

 

 

【4】体重の増減が分からない

船で困ったのが、体重の増減が目に見えて分からないこと。いちおう8Fの公共スペースに体重計が置いてあるのだが、置いてある場所が、ナゼか固い床ではなく絨毯の上。そして、船はけっこう揺れるので、体重計の針も船の揺れに合わせて揺れる。なので、陸ではかるときのように針がぴたっと止まってくれず、いったい自分が何キロなのか、よく分からないのだ。結果、帰国して初めて体重計に乗った際、「〇△#×◎%~!!!!」という衝撃(笑)

 

 

そんなこんなで、皆、帰国するころには丸々と太っていくのだ。食生活に気をつけている子や、食べてもちゃんと運動してる子はそうはならなかったが、痩せて帰ってくる子はかなり珍しい。

 

帰国してすぐ、わたしは就活で使う証明写真を撮ったのだが、人生で一番体重がピークだったので、なんかもう顔が悲惨だった。さらには、入学式の時に買ったリクルートスーツが入らなくなって新調するハメに。

 

これから乗船予定の方、くれぐれも食生活にはお気をつけて…。

※ちなみに私は、日本に戻って前の食生活に戻ったら自然と体重が落ち、3ヶ月くらいで元に戻りました。

 

 

【補足】詳しいメニュー内容と時間帯(もちろん、これらの食事はすべてタダ)

■モーニングコーヒー

【9F】6:30~7:00

朝早すぎて、私は一回も行ったことがないので詳細はナゾ。

 

■朝食

【4F】7:00~9:00(和食)

ごはん、味噌汁、サラダなど。おかずの種類は毎日少しずつ変わる。

【9F】7:00~9:00(洋食)

パン、コーンフレーク、サラダなど。パンの種類は毎日少しずつ変わる。

 

■昼食

【4F・9F】11:30~13:30

昼食は2つのレストランのメニューが同じ

 

■アフタヌーンティー

【9F】15:00~16:00

紅茶・コーヒー・パウンドケーキ。ケーキは1人1つまで。

 

■夕食

【4F】①17:30~18:30、②19:30~20:30

出港初日に配布される「食事カード」の色によって食事の時間が異なる。

レストランカード

 

 

 

 

 

 

 

このカードをレストランの入り口で提示しないと中に入らせてもらえない(厳重)。緑カードは①、オレンジカードは②。若者は9割型オレンジカードなので、19:30~とちょっと遅め。可哀想なのは、若者なのに緑カードをもらった乗船者たち。オレンジカードの友達と一緒に食事することができないのだ。なので、不運にも緑のカードに当ってしまった友人は、逆にオレンジから緑カードに変えたいと思ってるシニアをつかまえ、カードをトレードしていた。

【9F】17:30~19:30

こちらのレストランは、カードの色に関わらず誰でも入れることができる。メニューは丼ものが多い。

 

 

この記事が少しでも「役に立った」と思ったら、お好みの共有ボタンをクリックしていただれば幸いです。よろしくおねがいします ^ω^ ↓↓